体にできたいぼは皮膚科で除去|いぼ切除でスベスベ肌をゲット

サイトメニュー

美容整形でかかる費用

女の人

実際の施術の流れとは

ホクロと似ているようで大きく異なるいぼ。ウイルスや老化が原因で出来てしまうため完全に防ぐことは難しく、一度出来てしまうとなかなか自然治癒もせずセルフケアでは完治せずの厄介者なのです。いぼの切除を行ってくれるのは皮膚科、もしくは美容整形です。治療を受けた事がない人にとってはどのような治療になるのか、費用はいくらかかるのか等気になる点が多いはずです。費用は受ける治療内容によって異なります。例えば、多くの皮膚科で行われる、液体窒素を用いた凍結療法は保険診療です。液体窒素でいぼを焼き取る方法で、治療1回あたり千円ほどと非常に安価で手軽な料金です。しかし、この治療方法を受ける方の多くは1度の施術では完治せず、何度か繰り返し受ける必要があります。もう一つ、いぼの切除で最近最も人気の炭酸ガスレーザーによる治療がありますが、こちらは健康保険適用外の自由診療です。医療費10割負担と聞くととても高額なイメージを持たれますが実はそうでもありません。いぼ切除におけるレーザー治療は1ミリあたり2千円?5千円と大きさで決まります。大きさによっては1個1万円程かかる場合もありますが、レーザー治療は1度の施術で完治する為、最終的な費用が安くなる可能性もあるのです。実際にいぼの切除を受ける場合の施術の流れを知っておくと安心して受けられるでしょう。ここでは、美容整形クリニックにおいてレーザー治療を受ける場合を想定しています。まずは来院、そして診察です。医師にいぼの状態を診てもらい、レーザー治療の可否を確認、料金の見積もり等を行ってもらいます。そして、肌質がレーザーに適合するかチェックするためにテスト照射を行います。医師から指示のあった期間を空けて再び来院します。テスト照射後の肌を確認し、問題なければいざ本番のいぼ切除が始まります。施術自体は短時間で終わります。レーザーを照射する箇所にはクリーム等で局所麻酔を行う為痛みはほぼありません。一度に複数箇所の切除を行う事もできます。施術後は炎症を起こしたりしないよう、一時的に冷却したり、軟膏などお薬が処方される事があります。問題なければ帰宅し、1週間から2週間ほどの期間を空けて再診察となります。再診ではレーザー後の皮膚の状態を診てもらい、だいたいはこの診察をもって治療終了となります。