体にできたいぼは皮膚科で除去|いぼ切除でスベスベ肌をゲット

サイトメニュー

清潔にしましょう

看護師

継続的に治療しましょう

皮膚の表面からウイルスが侵入するといぼが発生することがあります。一般的には皮膚が少し腫れ上がるだけなので痛みなどは伴いませんが、免疫力が低下していたり、いぼが悪性であったりすると症状が悪化することがあります。この場合、なるべく放置しないようにし、早めに病院へ行くことが望ましいと言われています。治療時に注意することとして、剃刀などで無理に切除しないようにすることが挙げられます。いぼは皮膚の奥に侵入したウイルスが原因で発生するため、表面を切除しただけでは完全な治療にはならないと言われています。また、無理に切除すると皮膚が傷付いてしまったり、傷口から細菌などが侵入して皮膚疾患などを引き起こしたりしてしまう恐れもあります。そのため、気になるいぼが発生した場合はなるべく刺激を与えないようにし、美容外科といった病院で治療を受けるようにするのが望ましいと言えるでしょう。いぼの周辺は炎症を起こしやすくなっているため、適切なケアをする必要があります。患部を保護するためにも治療クリームやガーゼなどを使用し、清潔に保つことが重要です。美容外科に治療を申し込む場合、特別な手続きなどは不要となっていることが多いですが、すぐに処置をして欲しい場合は電話などで予約を取っておく必要があります。よって、美容外科への申込み方法は一般的な病院で行う方法と同じと言えます。美容外科でいぼを治療する場合、最初に症状がどの程度であるかの検査が行われます。その後、検査結果によってオススメの治療方法が紹介され、その中から自身が気に入った方法で治療をするようになっています。いぼの治療は治るまで継続的に行う必要があるため、通院の間隔はなるべく短い方が良いと言われています。そのため、申込みの際には短期治療となるように予定を組むのが良いでしょう。基本的に美容外科ではいぼを切除するのではなく、医療レーザーで処置したり専用のクリームなどを使用したりして経過観察をするようになっています。しかし、大きくなってしまったものや硬くなってしまったものに対しては切除する方が有効となっているため、場合によっては切除手術が行われるようになっています。この事から、いぼを切除するかどうかの申込みは検査を受けてから行うのが望ましいと言えるでしょう。