体にできたいぼは皮膚科で除去|いぼ切除でスベスベ肌をゲット

サイトメニュー

選択肢が揃っている医院を

女の人

治療前後はUVケアが大事

種類も大きさも、いぼは人によって違うため、色々な切除方法が揃う美容外科を選んでください。選択肢が多ければそれだけ自分のいぼに合った治療を提案してもらえるので、満足できる結果につながります。そして、良心的な美容外科は不要な治療を無理にすすめませんから、その点もクリニック選びの基本にしておくと良いでしょう。また、優良クリニックはカウンセリングをとても大事にしており、患者からの質問にも丁寧に答えてくれます。全ての疑問を解決した上で治療することは、美容外科にとっても理想的なため、良いクリニックなら手間を惜しまず回答してくれる訳です。そのほか、メスで切除する場合は別ですが、根が深いいぼをレーザーで治療する際は、複数回に分けて治療してくれる美容外科を選びましょう。1度で取り切る方が良いような感じもしますが、根が深ければ皮膚の奥までレーザーで蒸散させることになり、傷跡の凹みが大きくなるのです。そのため、でき栄えの美しさも追求する美容外科では、一定の深さで治療を一旦止め、下から肌が盛り上がってから治療を再開します。これによって根が深いいぼでも、肌の凹みを最小限に抑えて治せるという仕組みです。どの美容外科も切開治療よりレーザー施術の方が安いため、大きないぼでもレーザー治療を希望する場合があるかもしれません。しかし大きないぼをレーザーで治療しますと、傷痕の面積も広くなり、目立ってしまうのです。その点、切開施術なら切除後に肌を縫合しますから、大きないぼでも糸のような細い傷痕に仕上げられます。完治後の見た目に差が出ますので、医師から切開法を提案された時は、できる限り従っておいた方が良いでしょう。また、小型のいぼでも悪性が疑われる場合、メスでの切除治療をすすめられることがあります。レーザー治療だと患部が消滅するため組織検査ができず、悪性かどうか診断できないのが理由です。一方、レーザーでいぼを取る場合ですが、施術前に患部を傷付けたりしないように気を付けましょう。日焼けをしないことも理想的ですから、紫外線対策を忘れずにしておくのが重要です。そして、施術後は治療した部分が赤くなるため、術後もUV対策をしっかり行って色素沈着を予防してください。